H29・3・10 NEWスキマーSEAHOGのご案内。

0

     

    最近、色々なスキマーが発売されておりますが少し変わった?スキマーのご紹介です。

    特徴は、その寸胴な本体と外付けタイプのDCポンプです。

    正式な発売前のユーザーテストでもかなり好評だった様で、

    皆さん一様に泡戻りが少なく安定感が有ると言ったお声が多かったとの事です。


    seahog001.png

    静音&ハイパワー Professional 301S

    24V DCプロティンスキマー(ニードルホイール型)

    ポンプ:SEA4000(32W)

    対応水量:1000L

    循環水量:4000L/h

    最適な水槽:〜120ワイドO/F

    本体サイズ:285*200*510mm

    1年間保証

     

    ※底板は取り外しできません。(吸水口から下は余り汚れる部分ではありませんが、綺麗に洗浄したい場合は付け置き洗い等になると思われます。)※代わりに一番汚れやすいコレクションカップや本体シリンダー内上部はとてもメンテナンスし易いです。


     

    【メーカーブログより】
    まだ本格的に販売していないものの、現在はモニターや先行販売にて数十名の方々にご使用頂いているSEAHOG DCスキマーですが非常に評判が良く、これまでにない性能だとお喜びの声をたくさん届いております。

    インサンプ型のスキマーはスペースが限られていますので同クラス比では圧倒的に容積が多いので処理できる能力が違ってきます。コーンタイプや最近話題のスリムなボトルタイプは見た目的に美しさを感じますが性能面で考えるとさほど有利であるとは言えず、外観的な機能美だけで性能を犠牲にしていると思われます。

    効率に関しましても先日来何度か記事にしておりますが、実はSEAHOGスキマーも当初はコーン型のタイプが存在しておりました。



    現在は廃盤となった旧タイプのSEAHOGスキマー


    そうなんです、 
    思い込みや机上の空論ではなく実際にメーカーがテストした結果が現在のタイプに至るわけであり、
    決して私が売り込みたいだけでホラを吹いてるわけではありません(笑)
    先ず、ポンプを本体に入れることは省スペース的にとても良いアイデアだと思います。
    しかしその分スキマー内部の容積が減り、更にはメンテナンスが非常に複雑となります。
    また、形状的にも余分なパーツが増えてコストが上がりますので少なからず販売価格に影響します。


    ワンタッチで脱着可能なSEAHOGのDCポンプ
    (排水パイプ側に取り付けますのでスペース的な問題は殆ど気になりません。)


    SEAHOGのPROシリーズはDCポンプが本体へダイレクトに取り付けられるようになっています。
    これはSEAHOGだけが持つ特徴の一つでもあり容易に脱着出来ますのでメンテナンスが非常に簡単です。
    ハーフコーンでも一部分を円錐形状にする事のメリットはほとんど見られず、逆に処理能力がダウンする
    とのテスト結果が出ています。SEAHOGの技術者によると、形状よりも容積とそれに見合うポンプ性能が重要だとか・・・それを実現したのがSEAHOGのプロフェショナルシリーズです。
     

     

    付属のコントローラーは20段階の変速が可能で一時停止機能などもついています。
    10个曚匹稜型で軽量です。

     

     

    何度も言いますが、「少しの差」が毎日となれば大きな差となって現れてきます。
    SEAHOGは見様見真似で作られた安価なスキマーではありません。
    決してお安いものではありませんが、このスキマーほど価格相応なものは他にないと思います。

    ※SEAHOGスキマーに採用されているポンプは当然ながら同じメーカーのZKSJ社製DCポンプが使われておりますので性能や耐久性も非常に優れたものになっています。

     


     

    しかしながらモーターやインペラーなどは消耗品ですのでいつかは交換が必要となるわけでありまして、万一に備えのために交換用のモーターなどを近日に単品販売させて頂く予定です。

    消耗品と言えどもモーターなどは本体に当たりますので1年間の保証はありますが、
    例えばメインにDCポンプをご使用されている場合などは「待ったなし」ですので交換品が届くまでの間を予備のモーターですぐ交換できる態勢をとって頂くことをお勧めします。

    そして届いた交換品はまた予備としてストックしておけば心配ご無用となるわけです。
    ユーザー様が安心してお使い頂けるよう弊社は常にストックしておく事を心掛けて販売させて頂きます。
    スキマー用は基本的にニードルホイールインペラー付き交換ポンプの販売になり、循環用ポンプの方はモーターのみの単品販売になる予定です。

     

    DCポンプの特徴はマグネットポンプに比べコンパクトでハイパワーになっており、そのため高回転なのが特徴です。
    陸上競技に例えると、DCポンプは短距離ランナーで、マグネットポンプは長距離ランナーです。
    高回転をフルに使い続けるとすぐ息切れしてしまいますが、その分1クラス上のタイプで半分以下の出力に抑えると非常に長持ちしとても経済的です。

    DCポンプを買うときの目安は50%以下の出力を想定し、余裕を持ったタイプにする事をお勧めします。
    これはシステムLEDライトにも同じことが言えます。初期投資は多少大きくなりますが、ランニングコストを考えると単純計算でも90日〜半年ぐらいで元は取れるんじゃないでしょうか?

    予算的な関係で水槽スペックギリギリのラインでチョイスし80%以上で使えばすぐオーバーヒートを起こしてしまいます。DCポンプの巡航出力は50%が限界だと思ってお使いくださいね♪
     

    【販売ページ】http://exoticafrica.jp/42.html

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    facebook

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM